合同会社SYLのブログ

中国販促や資産運用アドバイスを手がける、合同会社SYL代表者のブログです。副業・兼業のノウハウや、中国販促、資産運用情報等を幅広く発信していきます。

中国語

中国の大気汚染

日本でもニュース等でしばしば取り上げられますが、中国は内陸部、北部を中心に大気汚染が凄いです。首都北京も、季節や天候によっては汚染が酷く、煙の中で生活している気持ちになります。

下の写真は、私が上海から北京に高速鉄道で向かい、北京南駅に到着する直前に車内から外の様子を写したものですが、都会のど真ん中にも関わらず、砂嵐が吹き荒れているような風景です。





ここが特に工場の多い地域というわけでもなく、普通の商業施設や民家があるエリアです。当然、人が普通に歩いています。

私も初めてこの風景を見たときは、さすがにちょっとヤバいのではないか…と焦りました。すぐに喉や肺がおかしくなりそうです。

駅から降りて町に出てみると、人々は普通に出歩き、自転車に乗っている人もたくさんいます。ほぼ全員マスクを付けているかと思ったらそんなことはなく、マスクを付けている人は少数派でした。

ただ、町の空気は百メートル先の建物がぼんやりとしか見えないくらいに汚れています。町中のコンビニではマスクが品数多く揃い、駅構内では空気清浄機の広告をよく見かけました。
20171229_123703316_iOS










大気の汚染度は、AirVisualというアプリを使ってリアルタイムに確認できます。これを見ると、冬は中国北部が特に大気汚染が深刻です。

北京、天津といった主要都市の多くが「危険」という推移に達しています。「危険」と表示されるレベルだと、アプリで確認しなくとも、普通に外を歩いていれば危険を感じられるくらい、大気が汚いです。マスクを取ると、煙と砂ぼこりが混じったような匂いがします。

工業化の過程における大気汚染は、発展する国がたどる宿命のようなもので、中国に限ったことではありません。古くは産業革命の頃のイギリスや、四日市ぜんそく等の公害が社会問題になった高度経済成長期の日本も、大気汚染が深刻でした。

ただ、経済発展を続け、世界のグローバル企業が拠点を中国に構える昨今において、この大気汚染を何とかしなくては、国民の健康はもちろんのこと、世界の優秀な人材を引き付ける際の足かせになるだろうなあ、と北京の街を歩いて思いました。

ちょっと大気や風向きが変わると、日本と殆ど変わらないくらい、綺麗な空が広がるんですけどね。
20171230_055846763_iOS

中国のシェア自転車サービスを使ってみました

日本でも最近話題の、中国のシェア自転車サービス。こちらはアリペイ(支付宝)やWechatペイ等の口座が無いと支払いができず、サービスを使えないため日本人が使用するハードルはやや高いのですが、北京と上海で使ってみました。

使って実感しましたが、めちゃくちゃ便利なサービスです。町中にこれでもかと言うくらい、自転車がばらまいてあるため、辺鄙なところに行かなければ、ちょっと探せば簡単に自転車が見つかります。

20171228_050727571_iOS










目視で探せなくても、自転車一台一台にGPSが備わっているため、アプリを起動すれば自転車の位置が地図上に表示されます。

自転車を見つけたら、自転車に付いているQRコードをカメラでスキャンします。すると、番号式鍵のロック解除番号がアプリに表示されるため、その番号を押して解錠します。後は、普通に自転車に乗って好きなところに行きます。


基本的に、駐輪禁止以外の場所であればどこに乗り捨ててもよく、みんな結構適当な場所に乗り捨ててます。

町中に自転車があふれている様子は、汚いといえば汚いですが、一度慣れると便利なことこの上ないです。

日本では放置自転車の規制が厳しいため、なかなか普及しませんが、放置自転車のデメリットを上回る利便性なので、早く普及してほしいなあと思います。

中国人の便利なモノを抵抗なくどんどん取り入れていく姿勢を見習いたいなと思いました。

中国語で商品の情報を発信する方法

中国へ輸出をするためには、当然ですが顧客の獲得が至上命題です。

タオバオ等で人気の商品を並べておけば、黙っていても売れることはありますが、より自分の商品をアピールしたければ、中国語による情報発信は不可欠です。

「⚪️⚪️の商品が入りました!」「今なら⚪️⚪️が安いです!」といった内容で告知をすれば、気づいた人が商品を買ってくれるかもしれないですし、誰かに紹介してれることだってあります。

私は、中国版ツイッターWeiboを使って情報を発信していますが、状況によって以下の方法を使い分けています。

①自力で発信する
難しい方法ではありますが、中国語を勉強したうえで、グーグル翻訳を駆使し中国語の文章を作成、Weiboに投稿します。

私はごくごく初心者レベルの中国語しか分からないため、「⚪️⚪️の商品が入荷しました!興味のある方はご連絡ください」程度の文章しか書けませんが、売れ筋商品を単語として組み込んだ場合は、見てくれる人がまあまあ出てきます。

英語で簡単な文章が作れると、とてもやりやすいです。何故なら、日本語→中国語の翻訳は精度がイマイチですが、英語→中国語の翻訳は精度がかなり高く、自然な文章に翻訳してくれます。

中国語の基礎を勉強した上で、英語で文章を作成、グーグル翻訳にいれて中国語の文章に変換するのです。

②中国人の友人に翻訳してもらう

中国人の友人を作り、彼らに翻訳をお願いすることもあります。中国人の友人など簡単には作れない、と思えるかもしれませんが、お互いに学びたい言語を教え合えるlanguage exchange等のサイトを使えば、割と簡単にネット上で友人が作れます。

日本語を勉強したい中国人はいるので、彼らに日本語を教える代わりに、自作した中国語文章の添削や、日本語の中国語翻訳をお願いすればよいのです。そうすれば、お互いに外国語の勉強になりWinWinです。

彼らの多くは、Wechat等のチャットアプリを使っているので、こちらのIDを交換して会話しましょう。

③有料の翻訳サービスを使う

さらには、より長文や大切な内容を伝える場合は、有料の翻訳サービスを使う手もあります。 

本格的なビジネス用のサービスだと、日本語1文字につき4円、といったなかなかの高単価ですが、ココナラ等のクラウドソーシング系サービスであれば、1文字1円程度で翻訳をお願いすることも可能です。

例えば、私が以前下記の日本語文章を、中国語に直してもらいました。

「私たちは、本だけではなく骨董品や美術品も扱っています。多くの大学や骨董品店とコネクションがあるため、貴重な品物も手に入りやすいです。日本には、昔の中国の骨董品が多く出回っており、しかも安く買えることが多いです。古くは唐の時代、最近では文化大革命の頃の品物も、日本にはたくさんあります。もしも骨董品を探しているのなら、いつでもお声がけください。私たちが、あなたのために日本で探して参ります。」


計194文字、これを194円で翻訳してくれます。自分で中国語にしようと思えば、大変な労力ですが、人に頼めば格安で集客用の文章が完成です。


私は、簡単なことは①で、中国語の勉強も兼ねやや長文を書きたいときは②で、さらに長文を書きたいときや大切なことをニュアンス含めて伝えたいときは③で、と使い分けています。

あなたも、中国語の情報発信や集客に挑戦されてはいかがでしょうか? 反応があると楽しいですよ。



中国語の学び方 兼業で使う中国語の学び方

兼業として個人で輸出入ビジネスを行うにあたり、外国語を使えると何かと便利です。


一昔前とは違い、Google翻訳等便利なツールも整っていますが、言葉が使えるとコミュニケーションのスピードが圧倒的に上がります。私が中国語の学習に使っているツールやノウハウを紹介します。

中国語学習本
語学の学習は、やはり本が基本です。私のオススメは、新ゼロからスタート中国語 文法編です。

私は全くの中国語初心者で、「ニーハオ」「シェイシェイ」くらいしから中国語(らしきもの)を知りませんでしたが、この本を使って中国語の基礎の基礎を身につけることができました。

この本は、中国の方が書いた本なのですが、小難しい説明は無く、とても平易に、必要なポイントだけをかい摘んで初心者に説明してくれます。テキストの内容が付録としてCDで付いてくるため、聞き取りもしっかり学習できます。

テキストで学習した後、スマホに音源をおとしてひたすらシャドウイングを繰り返すと、中国語の発音も身につきます。

中国のマッチングアプリ
中国のマッチングアプリ、いわゆる出会い系アプリを使うと、中国人の方と知り合いになれます。日本でも「Pairs」等のマッチングアプリが認知されてきましたが、お隣の中国でもマッチングアプリは幅広く使われています。

私は、米国NASDAQにも上場している中国大手企業「MOMO」のマッチングアプリ「MOMO(陌陌)」を使ってみたら、中国人女性と出会うことができました。

私のような中国語学習者にとって、会った人と恋仲になることが目的ではないのですが、綺麗な女性と友人になれる、というのは語学学習のモチベーションとして有効なのかもしれません。アプリストアにて、「MOMO」で検索すれば日本からもダウンロードできます。

HSK(中国政府公認の中国語検定)
語学学習は時間がかかるため、途中でダレないように試験をたまに受けると良いです。「⚪️⚪️級に合格するぞ!」と目標をはっきり持てば、モチベーションを保ちやすいですよね。私が定期的に受けているのは、HSKという試験です。

日本では、「日本中国語検定協会」主催の「中検」が有名ですが、私はHSKを受けています。中検は、中国語読解及び聴解能力のほか翻訳能力を問うものです。

一方、HSKは中国の 中国政府教育部が主催する試験で、中国語の運用能力のみを問うものであり、世界で最も試験者の多い国際的な中国語資格です。

私は、翻訳能力を鍛えるつもりはないですし、より世界で通用する中国語を身につけたいと思っているので、HSKを受けています。
プロフィール

合同会社SYL

タグクラウド
QRコード
QRコード