合同会社SYLのブログ

中国販促や資産運用アドバイスを手がける、合同会社SYL代表者のブログです。副業・兼業のノウハウや、中国販促、資産運用情報等を幅広く発信していきます。

株式投資

中国のFintech企業「趣店」に注目

こんにちは、兼業家のはやとです。私はもともと証券会社に勤めていたこともあり、今でも株式投資は積極的にしています。資産の7割くらいが株式なので、日本人の大半が金融資産を現預金で保有していることを踏まえると、かなり株式に寄った資産ポートフォリオです。

株式大好き! なのですが、今回は私が今狙っている注目の海外銘柄を紹介します。今すぐにでも買いたいのですが、まだ日本のネット証券で取り扱っている証券会社が無いようです。その銘柄とは、中国企業「趣店」です。「趣店」は、クレジットカードを持てない個人に向けお金を貸している、個人向け融資の会社です。平たく言えばサラ金ですね。

この会社の特徴は、中国のアリババグループの「
 蚂蚁金服」 から出資を受けることで、 個人の信用照会アプリ「芝麻信用」のデータを活用して融資をしているところです。 中国では、「支付宝」を用いた決済が当たり前で、 芝麻信用」は「支付宝」の膨大な決済データを用いて、 信用照会をしています。

そして、 「趣店」はその信用情報を使って融資を行っているのです。融資に際しより精度の高い審査が可能となるため、収益率は高まり、「趣店」はどんどん成長しています。私が「趣店」の株を買いたいのは、成長ポテンシャルを踏まえれば、まだまだ株価は割安だと思うからです。

2016年の、「趣店」の純利益はおよそ140億円程度で、PER52倍です(17年10月25日の株価で換算)。日本の消費者金融、アコムの純利益(18年3月期会社予測)が642億円程度なので、将来的に同程度まで利益が伸びれば、PERは約11.3倍となります。中国の経済規模を考えれば、将来的には日本のアコムの利益など、軽く凌駕するはずなので、今の株価はまだまだ安いと思っています。

今年17年は6か月経過時点で約200億円の純利益と、既に去年の純利益を上回るペースで成長しており、まだまだ利益は伸びるでしょう。それを踏まえれば、株価はまだ安いと思われます。私はどこかの証券会社が取扱いをはじめたら、この銘柄をすぐに購入します。興味のある方は、是非とも調べてみてください。

サラリーマン✖️副業✖️資産運用は美味しくて楽しい

私は、元証券会社勤務のサラリーマン兼業家ですが、サラリーマンと自分のビジネスを兼業しつつ、資産運用をやるのって、実はとっても美味しくて楽しいんじゃないかと思うようになりました。

固定収入を得たままチャレンジできる
サラリーマンのままでは将来が不安、面白い仕事を自分でやりたい、と思っていても、
なんだかんだで固定収入があるサラリーマンをいきなり辞めるのは、私のような庶民にはハードルが高いです。いくら独り身とはいえ、生活に必要なお金をコンスタントに稼ぎ続けられるとは限りませんから。

兼業であれば、サラリーマンで生活に必要最低限の固定収入を得つつ、空いた時間にやりたいことにチャレンジできます。固定収入があれば、焦って変な仕事に飛びつくリスクも減らせます。週末や平日の夜の空いた時間を使って、やってみたいことにチャレンジできます。

会社の看板を持った自分と裸の自分の市場価値の差がわかる
私はサラリーマンとして仕事をしているとき、ふと「会社の看板が無くなった自分は、果たしてどれだけお金を稼げるのだろうか・・・」という思いが湧いてきます。自分の名前だけでビジネスをやってみると、自分の金を稼げる能力や市場価値が、否が応でもわかります。

いかに自分の給料が会社の看板に依存しているかが分かり、最初は結構な無力感に襲われますが、健全な危機感を抱くことができます。また、自分は世の中の他の人に比べ、何が得意か、どんなことならお金をもらえるだけの価値提供ができるかが分かります。兼業することで、自分の現時点の実力を正確に把握することができるのです。

色々な費用を経費として計上できる
経営者とは違い、サラリーマンは自己研鑽や自己投資に使ったお金を経費計上することができません。経営者なら、仕事で利用するのであれば個人としても利用するベンツやポルシェも経費として計上できます。

サラリーマンでありながらも、兼業家として個人事業主登録をすれば、ビジネスや自己研鑽に使ったお金は適正な範囲で経費として落とすことができます。ビジネス上のヒアリングや会議としての飲食費も、経費計上が可能です。もちろん、行き過ぎた経費計上は違法ですが、ビジネスとして使ったお金は正々堂々と経費にできます。

資産運用の原資が増やせる
サラリーマンをやりつつ、週末や平日の夜に自分のビジネスをしていると、収入が増えます。そして、使う時間が無くなるのでお金が貯まりやすくなります。その結果、資産運用の原資が増え、効率よく資産を増やすことができます。

私は、①個人として普段使うお金②自分のビジネスに使うお金③資産運用として使うお金の3つに分けてお金を管理しています。サラリーマンとして稼いだお金を、①②③に振り分けたうえで、兼業で稼いだお金を②と③に振り分けて使っています。兼業することで、収入も運用効率も上がり、より資産を早く増やすことができるのです。

私のようなサラリーマンの皆さん、是非とも兼業&資産運用にチャレンジしてみてください。安定とチャレンジと経済的豊かさを、全て成り立たせることもできますよ。
 
プロフィール

合同会社SYL

タグクラウド
QRコード
QRコード