合同会社SYLのブログ

中国販促や資産運用アドバイスを手がける、合同会社SYL代表者のブログです。副業・兼業のノウハウや、中国販促、資産運用情報等を幅広く発信していきます。

2017年09月

weiboで多くの人に情報を見てもらう方法

こんにちは、兼業家のはやとです。今回は、weiboで発信した情報を、なるべくたくさんの人に見てもらうための方法を紹介します。

weiboは、日本のツイッターとは異なり、ツイートを見られた回数がツイート毎に分かります(weibo記事投稿の名称は厳密には「ツイート」ではありませんが、分かりやすいように「ツイート」と書いています)。

これはスマホ版weiboのツイート画面ですが、右上に「view」と出ていますね。これが、ツイートの見られた回数です。

BlogPaint












自分たちのサービスや商品を届けるためには、もちろん多くの人に見てもらえた方が良いわけですが、どうすれば効率的に情報を発信できるでしょうか?
今日は、その方法を3つ紹介致します。

①中国で有名な日本の言葉や商品を、文中にいれる。

例えば、私の様に日本の古本を運営している場合は、「『名探偵コナン』や、『ドラえもん』の古本も取り扱ってます!」みたいな文章をいれます。

コナンもドラえもんも、中国で有名なので多くの人が検索し、ツイートが目に入りやすいのです。

実際に投稿したツイートがこちらです。(画像)このツイートを日本語で訳すと、以下の文章になります。

IMG_1992












「古い漫画も、我々が探してきます。知っている方も多いかもしれませんが、日本は漫画が古くから盛んです。
ドラえもん、クレヨンしんちゃん、 名探偵コナン等の人気アニメも、 元々は漫画で描かれたものが人気になり、アニメになりました。昔の名作漫画も、日本には古本屋にたくさん残っています。 中国では手に入らない漫画が欲しい方は、 是非私たちまで連絡を下さい。」

このツイートは、3日ほどで1200viewとなりました。普段は300view 程度なので、かなり高い数値です。情報を発信するのであれば、自社の商品やサービスに、 人気のあるワードを絡ませて発信すると効率的です。

②ハッシュタグを付ける

weiboにもツイッターと同じく、ハッシュタグの機能があります。ハッシュタグとは、投稿内のタグとして使われるハッシュマーク「#(半角のシャープ)」がついたキーワード のことです。

特定のキーワードに関する記号つきの発言が検索画面などで一覧できるようになり、これを付けると付けたハッシュタグのワードに興味のある人が、 ハッシュタグをたどってツイートを見てくれます。

例えば、私の場合は古本、を意味する「古书」や、日本商品の代理購入を意味する「日本代购」のハッシュタグを付けてツイートします。

BlogPaint












そうすると、古本や日本の商品に興味のある人が、ツイートを見て問い合わせしてくれる様になる、という具合です。

③これらを継続的に実施する。

最後に、当たり前かもしれませんが、フォロワーの少ないアカウントが、爆発的に来訪者数を増やすのは、一朝一夕では不可能です。

私は、何らかの情報を毎日最低一回はツイートするようにしています。反応が少なく寂しい思いをすることもありますが、新しくフォロワーができたり、商品への問い合わせが入ると嬉しいものです。

地道に情報を発信し続け、フォロワーや問い合わせ、信用を積み重ねていきましょう。

中国語で商品の情報を発信する方法

中国へ輸出をするためには、当然ですが顧客の獲得が至上命題です。

タオバオ等で人気の商品を並べておけば、黙っていても売れることはありますが、より自分の商品をアピールしたければ、中国語による情報発信は不可欠です。

「⚪️⚪️の商品が入りました!」「今なら⚪️⚪️が安いです!」といった内容で告知をすれば、気づいた人が商品を買ってくれるかもしれないですし、誰かに紹介してれることだってあります。

私は、中国版ツイッターWeiboを使って情報を発信していますが、状況によって以下の方法を使い分けています。

①自力で発信する
難しい方法ではありますが、中国語を勉強したうえで、グーグル翻訳を駆使し中国語の文章を作成、Weiboに投稿します。

私はごくごく初心者レベルの中国語しか分からないため、「⚪️⚪️の商品が入荷しました!興味のある方はご連絡ください」程度の文章しか書けませんが、売れ筋商品を単語として組み込んだ場合は、見てくれる人がまあまあ出てきます。

英語で簡単な文章が作れると、とてもやりやすいです。何故なら、日本語→中国語の翻訳は精度がイマイチですが、英語→中国語の翻訳は精度がかなり高く、自然な文章に翻訳してくれます。

中国語の基礎を勉強した上で、英語で文章を作成、グーグル翻訳にいれて中国語の文章に変換するのです。

②中国人の友人に翻訳してもらう

中国人の友人を作り、彼らに翻訳をお願いすることもあります。中国人の友人など簡単には作れない、と思えるかもしれませんが、お互いに学びたい言語を教え合えるlanguage exchange等のサイトを使えば、割と簡単にネット上で友人が作れます。

日本語を勉強したい中国人はいるので、彼らに日本語を教える代わりに、自作した中国語文章の添削や、日本語の中国語翻訳をお願いすればよいのです。そうすれば、お互いに外国語の勉強になりWinWinです。

彼らの多くは、Wechat等のチャットアプリを使っているので、こちらのIDを交換して会話しましょう。

③有料の翻訳サービスを使う

さらには、より長文や大切な内容を伝える場合は、有料の翻訳サービスを使う手もあります。 

本格的なビジネス用のサービスだと、日本語1文字につき4円、といったなかなかの高単価ですが、ココナラ等のクラウドソーシング系サービスであれば、1文字1円程度で翻訳をお願いすることも可能です。

例えば、私が以前下記の日本語文章を、中国語に直してもらいました。

「私たちは、本だけではなく骨董品や美術品も扱っています。多くの大学や骨董品店とコネクションがあるため、貴重な品物も手に入りやすいです。日本には、昔の中国の骨董品が多く出回っており、しかも安く買えることが多いです。古くは唐の時代、最近では文化大革命の頃の品物も、日本にはたくさんあります。もしも骨董品を探しているのなら、いつでもお声がけください。私たちが、あなたのために日本で探して参ります。」


計194文字、これを194円で翻訳してくれます。自分で中国語にしようと思えば、大変な労力ですが、人に頼めば格安で集客用の文章が完成です。


私は、簡単なことは①で、中国語の勉強も兼ねやや長文を書きたいときは②で、さらに長文を書きたいときや大切なことをニュアンス含めて伝えたいときは③で、と使い分けています。

あなたも、中国語の情報発信や集客に挑戦されてはいかがでしょうか? 反応があると楽しいですよ。



輸入転売チャネルのメリットとデメリット

輸入転売のには色々なチャネル(=販売窓口)が存在します。メルカリ等のフリマアプリ、Amazon、楽天等ECサイトが存在しますが、一般の方にも身近で、かつ私もよく使うチャネルのメリット・デメリットをまとめました。

メルカリ
言わずと知れた、日本最大級のフリマアプリです。メリットは、気軽に出品できて操作も分かりやすいこと、他のフリマアプリに比べ集客数が多く様々な商品が売れることです。
ヤフオクは昔から存在しましたが、メルカリが一気に普及したのは、その分かりやすいUIで女性や若年層の支持を一気に獲得したからでしょう。子供服や女性用の服なんかはよく売れます。

デメリットは、販売手数料が高く、10%程度かかることです。また、事務局の規約に従わず、アカウントを凍結された場合、メルカリの再利用のハードルが大変高いことも難点です。私も知らずに規約違反をしてしまい、なかなかメルカリに復帰することができませんでした。

ヤフオク
1999年からサービスを開始している日本の老舗サービスです。メリットは、日本のネットオークション&フリマサイトの中で、もっとも利用者が多い(サイト訪問者数:ヤフオクHPより)サイトであるため多様な商品が売れるうえ、人気商品を安く入荷できれば、一気に売れていきます。メルカリよりも、男性好みの商品(ホビー系の商品や、釣りやバイクの部品等)が売れやすいです。

ラクマ
楽天が運営するフリマアプリです。認知度や認知度はメルカリに劣りますが、2017年9月25日現在では販売手数料が無料です。これが最大のメリットとなります。デメリットは、やはりメルカリに比べ利用者数が少ないため、商品を見てくれる人がそもそも少ないことです。

フリル
最近テレビCMにも力をいれている、アパレル系の商品が多いフリマアプリです。自分の「ショップ」を持つという体裁のUIになっているため、プチ小売店の運営感覚が楽しめます。こちらもラクマと同様、2017年9月25日現在では販売手数料が無料であることがメリットです。デメリットは、これもラクマと同じく、メルカリやヤフオクに比べると商品を見てくれる人が少ないことです。

私は今後、リアルなフリマイベント等にも出店してみようと思っています。やはり、ネットだけでは分からないリアルならではの気づきも得られると思いますし・・・。皆様も、上記を参考に自分に合った販売チャネルを見つけてみてください。

サラリーマン✖️副業✖️資産運用は美味しくて楽しい

私は、元証券会社勤務のサラリーマン兼業家ですが、サラリーマンと自分のビジネスを兼業しつつ、資産運用をやるのって、実はとっても美味しくて楽しいんじゃないかと思うようになりました。

固定収入を得たままチャレンジできる
サラリーマンのままでは将来が不安、面白い仕事を自分でやりたい、と思っていても、
なんだかんだで固定収入があるサラリーマンをいきなり辞めるのは、私のような庶民にはハードルが高いです。いくら独り身とはいえ、生活に必要なお金をコンスタントに稼ぎ続けられるとは限りませんから。

兼業であれば、サラリーマンで生活に必要最低限の固定収入を得つつ、空いた時間にやりたいことにチャレンジできます。固定収入があれば、焦って変な仕事に飛びつくリスクも減らせます。週末や平日の夜の空いた時間を使って、やってみたいことにチャレンジできます。

会社の看板を持った自分と裸の自分の市場価値の差がわかる
私はサラリーマンとして仕事をしているとき、ふと「会社の看板が無くなった自分は、果たしてどれだけお金を稼げるのだろうか・・・」という思いが湧いてきます。自分の名前だけでビジネスをやってみると、自分の金を稼げる能力や市場価値が、否が応でもわかります。

いかに自分の給料が会社の看板に依存しているかが分かり、最初は結構な無力感に襲われますが、健全な危機感を抱くことができます。また、自分は世の中の他の人に比べ、何が得意か、どんなことならお金をもらえるだけの価値提供ができるかが分かります。兼業することで、自分の現時点の実力を正確に把握することができるのです。

色々な費用を経費として計上できる
経営者とは違い、サラリーマンは自己研鑽や自己投資に使ったお金を経費計上することができません。経営者なら、仕事で利用するのであれば個人としても利用するベンツやポルシェも経費として計上できます。

サラリーマンでありながらも、兼業家として個人事業主登録をすれば、ビジネスや自己研鑽に使ったお金は適正な範囲で経費として落とすことができます。ビジネス上のヒアリングや会議としての飲食費も、経費計上が可能です。もちろん、行き過ぎた経費計上は違法ですが、ビジネスとして使ったお金は正々堂々と経費にできます。

資産運用の原資が増やせる
サラリーマンをやりつつ、週末や平日の夜に自分のビジネスをしていると、収入が増えます。そして、使う時間が無くなるのでお金が貯まりやすくなります。その結果、資産運用の原資が増え、効率よく資産を増やすことができます。

私は、①個人として普段使うお金②自分のビジネスに使うお金③資産運用として使うお金の3つに分けてお金を管理しています。サラリーマンとして稼いだお金を、①②③に振り分けたうえで、兼業で稼いだお金を②と③に振り分けて使っています。兼業することで、収入も運用効率も上がり、より資産を早く増やすことができるのです。

私のようなサラリーマンの皆さん、是非とも兼業&資産運用にチャレンジしてみてください。安定とチャレンジと経済的豊かさを、全て成り立たせることもできますよ。
 

支付宝を使い人民元建てで輸入する

私は、古本の輸出と同時に、中国からモノを仕入れて日本で販売しています。

Alibabaを使って仕入れることが殆どですが、私はそのときに中国発の決済ツール「支付宝(アリペイ)」を使って人民元建てで購入しています。

アリペイとは
アリペイとは、中国のアリババグループが運営する電子決済ツールです。これがめちゃくちゃ便利で、個人間、業者間の送金が簡単に、早くできるので、決済のスピードとコストが大きく下がります。

簡単に送金できるネット上のお財布みたいなもので、銀行口座からアリペイにお金をいつでもチャージできます。お金が送れるLINEみたいなイメージでしょうか。

日本のネット銀行みたいに、「口座番号入れて、パスワード入れて、暗証番号入れて、振込手数料取られて・・・」みたいなストレスがありません。

中国の人口を考えれば、何億という人々の決済がスムーズになっているわけですから、中国経済にもたらすメリットは大きいですね。

人民元建てで購入するメリット
人民元建てで購入するメリットは、一言で言えば仕入れコストの削減です。アリババはクレジットカードやPayPalでも支払えることが多いですが、これらの決済手段を使うと、1.5%〜2.5程度割高なレートでドルを使うことになります。

例えば、1ドル=100円が現在の基準レートだとすれば、101.5〜102.5円で1ドルと変換し、料金を支払うことになるのです。

カード会社に手数料として取られるわけですね。また、カード決済をすれば売った側は手数料をカード会社に払うわけですから、ドル建ての商品価格には手数料を乗せてきます。

人民元建てで支払えば、余計な手数料を払ったり、割高な価格で仕入れる必要はありません。その分、日本に輸入した後の売値も抑えることができます。

アリペイは、中国に銀行口座を作り、パスポートを使って身分証明をすれば、外国人でもアカウントを作ることが可能です。

中国に行く機会があれば、銀行口座の開設とアリペイアカウントの作成にチャレンジしてみましょう。

プロフィール

合同会社SYL

タグクラウド
QRコード
QRコード