合同会社SYLのブログ

中国販促や資産運用アドバイスを手がける、合同会社SYL代表者のブログです。副業・兼業のノウハウや、中国販促、資産運用情報等を幅広く発信していきます。

中国で携帯に加入する方法

こんにちは。兼業家のはやとです。今回は、中国で携帯電話に加入する方法をお伝えします。

■なぜ携帯電話に加入するのか
私が中国の携帯に加入した理由は、中国の携帯番号を用いて中国の様々なアプリを使うためです。

中国のアプリは、携帯番号を用いたSMSにより本人認証を行うことで、使用できるケースが殆どです。

WeiboやWechat等、グローバルで使われているアプリであれば、日本の携帯番号も使えるのですが、

多くのアプリでは中国の携帯番号が本人認証に必須となっています。中国の携帯番号をアプリに登録→SMSによる本人認証→利用スタート

という流れでアプリが使えるようになります。ネットバンクも中国の携帯番号が必須なため、携帯番号を取得しにいきました。

■中国で外国人が携帯に加入する方法
私が加入したのは、チャイナモバイル(中国移動通信)です。なぜチャイナモバイルにしたかと言えば、単純に料金が最も安いからです。

日本の携帯と同様、ネットワークの量や通話時間に応じて様々なプランがあるのですが、チャイナモバイルは最安値で月額18元(306円)から加入することができます。
20171228_013431381_iOS










上海に着いた私は、早速チャイナモバイルの支店に向かいました。この看板が目印です。
20171228_023335054_iOS










必要なのはパスポートだけで、受付で「I want to get telefon number」と言えば、何とかなります。

後は、プランを指さしで指定して、受付の指示に従えば10分前後で携帯番号が手に入ります。

■携帯があるとできること
携帯番号があれば、できることの幅がぐっと広がります。前述したとおり、中国のネットバンクは携帯番号が必須なので、番号があれば口座を開けます。

中国のネットバンクは日本の銀行よりかなり使い勝手がよく、一度口座を開いて手続きすれば、ログインも指紋認証等でスピーディーにできます。

また、アリペイ(支付宝)やWechatペイ等の口座もあれば、シェア自転車サービスのmobikeやofoといったアプリも使えます。

中国本土の番号が手に入るsimカードは、残念ながら今の日本国内では購入できないため、中国のネットサービスを色々使ってみたい方は、旅行も兼ねて中国へ携帯加入に行きましょう。

海外で働きたければ兼業すれば良い

こんにちは、兼業家のはやとです。突然ですが、海外勤務に憧れている人は多いのではないでしょうか?最近の日本人は海外に出たがらなくなった、みたいな話もよく聞きますが、「海外勤務 希望」みたいなワードでググると、海外勤務を希望する人たちの声がたくさん出てきます。

とはいえ、今の職場で海外勤務のチャンスが無い場合、海外勤務できるポジションがある会社にいきなり転職するのは、ハードルが高いです。特に中途の場合は、海外経験のある人材を海外のポジションに配属させるケースが多いため、未経験者は転職しても海外で働けるとは限りません。

「経験は無いけどいつか海外で働いてみたい・・・」そんな願望を持つ方には、現在の職場に勤めながら個人で海外ビジネスをやってみることをオススメします。私はサラリーマンとの兼業で、個人事業主として中国向けに日本の古本を販売しているのですが、ひょんなことから現地のお客様と中国の北京で商談を兼ねた食事をすることになりました。

もともとは商談中に私の思いつきで、「いつも商品を買ってくれているあなたのために、今度北京まで日本のお土産を持っていきます!」と言ったところ、お客様がとても感動してくださり、現地で商談&食事をすることになったのです。下の画像は、お客様と私のチャットの様子を抜粋したものです。

IMG_2142













※黄色い線の部分が「あなたが到着したら一緒にご飯を食べましょう(到时候我请你吃饭)」の意味
海外向けの物販ビジネスをやりつつ、リピーターになってくれているお客様をお誘いすれば、まるで商社の営業マンのように海外に出向き、商談を行うことが可能です。今は昔と違い、海外の人々との通信やコミュニケーションがネットを介し極めて低コストでできますし、LCCの普及により海外に安く、早く行くことができます。

海外勤務に憧れを持つ方は、ひとまず現在の仕事を続けながら、兼業で海外ビジネスをしてみるのはいかがでしょうか?思っているよりもハードルは低いはずです。

weiboから産まれた商談たち③

こんにちは!兼業家のはやとです。今回は、weiboで産まれた新たな商談をご紹介します。僕のツイッターはなかなかフォロワーが増えませんが、weiboは順調にフォロワーが増え、商談も定期的に舞い込んで来ます。中国人の方が、僕と話が合うのでしょうか…。

デスノート全巻が欲しい
日本でも人気の「DEATH NOTE(デスノート)」ですが、中国でも人気の様です。全巻が欲しいとの連絡をいただき、ネットで古本を仕入れ転売しました。




デスノートって、中国語で「死亡笔记」っていうんですね。「死亡」の単語がなかなか凄いインパクトです。1200円で仕入れた本を2000円の送料で中国に送り、350元(日本円で5800円相当)の売上となったため、約2600円の利益です。

日本の漫画は中国でも人気があるため、漫画の問い合わせはちょくちょく入ってきます。

簿記検定の本が欲しい
日本の簿記検定の本が欲しいと連絡をいただきました。

  53

この方は勉強熱心で、簿記3級、2級、1級の本を計5冊まとめて発注下さいました。日本人でも簿記1級は高難易度ですが、それを外国人の方が挑戦されるなんて凄いですね。僕も見習わなくては…。

資格関係の本も、留学志望者等からたまに問い合わせをいただきます。中古でも構わない、という方は多いので、Amazonなどで古い版を1円➕送料で仕入れて売ると、高い利益率となります。

中国語の文法の本が欲しい
中国人から中国語の文法の本を希望されたこともあります。なんでも、中国にある文法の本と、日本にある中国語の文法の本を見比べたいのだとか。


1500円で仕入れた本を890円の送料で中国に送り、170元(日本円で2850円相当)の売上となったため、460円の利益です。
利幅は正直小さかったですが、面白いご注文でした。凄くニッチなニーズもあるんだな、と気付かされました。資格の本といい、中国人は勉強熱心な方が多いです。

weiboはつぶやきを増やしていくと、それに比例して商談も増えていきます。もちろん、全ての商談が実るわけではなく、音信不通になってしまうこともありますが、宣伝ツールとしてはかなり有効です。少々荒削りな中国語でも、どんどん発信していきましょう!

プロフィール

合同会社SYL

タグクラウド
QRコード
QRコード